衒学のためのレクイエム
課題が見出される庭園
案内板に戻る
“entee”の言の葉:2005 (December 18, 2005 updated)

すべての論理への前書き November 15, 1999 (July 18, 2000 一部改訂、February 5, 2003 追加改訂)
[西洋史と西洋音楽史の呼応性(あるいは、伝統と個人主義の拮抗について)への序文から]
すべてが「便宜的な前提」によってしか語り得ない、ということについて言及し、あらかじめ「非常口」を確保しておくために用意された「序文」を この「言の葉」全体への序文とすることにします。

音楽に大いに関わる記述は、すべて「音のする彫像・詠う噴水」内の「音を捉えようとする言葉」のコーナーに移動しました。今後の新たな音楽についての記述もそちらの方で展開する予定です。この改造工事によって、ご不便をおかけしましたらお詫び申し上げます。(February 8, 2001)

課題
題名
リンク/関連文書/その他
アップロード日付
Ω祖型
Ω祖型とは何か[3]
Archetypal Omega or the Omega Archetype
 
December 18, 2005
Ω祖型
Ω祖型とは何か[2]
Archetypal Omega or the Omega Archetype
 
December 11, 2005
Ω祖型
Ω祖型とは何か[1]
Archetypal Omega or the Omega Archetype
 
December 5, 2005
聖婚
集団的な「浄化」儀礼と<聖婚>の伝えるもの
陽物としてのフィニアルとその周辺
 
November 29, 2005
聖数
集団的な「浄化」儀礼と<聖数>の伝えるもの
「元カレンダー」と第三周の世界
 
November 23, 2005
  古きもの、ひそやかなるもの、ひかえ目なる存在者たちの上に幸あれ  
November 18, 2005
炸裂
集団的な「浄化」儀礼と<支柱と光輝>の伝えるもの
愛染明王と聖体顕示台に見る「台座 + 柱+ 炸裂する光」の象徴
 
November 12, 2005
対称
集団的な「浄化」儀礼と<対称:symmetry>の伝えるもの[4]
頂点の「壷」と「未到の屋根」(クレスト)
 
November 11, 2005
対称
集団的な「浄化」儀礼と<対称:symmetry>の伝えるもの[3]  
October 29, 2005
反論証
飛び石の暗喩(閑話休題)  
October 28, 2005
対称
集団的な「浄化」儀礼と<対称:symmetry>の伝えるもの[2]  
October 26, 2005
対称
集団的な「浄化」儀礼と<対称:symmetry>の伝えるもの[1]  
October 25, 2005
円相
集団的な「浄化」儀礼と<円相>の伝えるもの  
October 17, 2005
宝珠
集団的な「浄化」儀礼と<宝珠>の伝えるもの[2]  
October 13, 2005
宝珠
集団的な「浄化」儀礼と<宝珠>の伝えるもの[1]
October 11, 2005
リレイ地点
エリアーデ語録 #4 二つの周期のリレイ地点を想う
October 6, 2005
ティタン
「死と再生」と「世界の更新」から観た
『タイタニック』考
October 5, 2005
<普遍的題材>への理解は世界の複層的様態を喪失させるか (あるいは、「ある証言者の虚妄」)
September 27, 2005
「大きな羊」としてのアメリカ
September 27, 2005
金剛
“火花”を散らせ!──「金剛」への第一歩(続編)
September 22, 2005
金剛
エリアーデ語録 #3 「金剛」への第一歩
September 21, 2005
「自己解体」を内包しない人間の組織/運動について
ショーレムとエリアーデの理説に絡ませて
September 16, 2005
ゲルショム・ショーレム再読
September 15, 2005
韜晦の終わり #3(神秘思想の真相/深層)
September 14, 2005
エリアーデ語録 #2
September 13, 2005
エリアーデ語録 #1
September 12, 2005
人類史に関係のない神秘思想などというものはない そして神秘と名付けられるにふさわしいことは唯一つであり それは同時に神秘ではないということについて
September 11, 2005
「農耕は殺戮する」Returns!
今も残る山本七平の「民族論」の罪科
高橋メソッド版
September 1, 2005
ボクたちの「覗く」権利
August 26, 2005
郵政民営化と「テロ」
August 9, 2005
人質としての私たち
August 4, 2005
聞こえているものの先に、聞こえないものを聞こうとするする思い」に報いること。
August 2, 2005
理想主義は体癖である
July 30, 2005
誰が「主義者」か?
私が使った「主義」用語一覧 since September 2004
July 29, 2005
「可動域」についての自覚
July 28, 2005
私の怖れ:エリアーデに捧ぐ
July 28, 2005
「鍵」の鍛造:あるいはエリアーデとの「再会」
July 25, 2005
中島淳一の独り芝居:
その人に相応しいものに成るということ
July 12, 2005
単純化を回避する「言語化」の試みあり
July 8, 2005
日本の政治を分かりやすくする
July 5, 2005
「書くこと」は「音楽すること」と比肩できない
July 4, 2005
最高裁判決への戦い方
June 29, 2005
「解読」 (散文、あるいは「未来へのシナリオ」の骨格として)
June 25, 2005
タルコフスキー「映画論」へのメモ
June 21, 2005
『日本の軍隊』吉田裕著(岩波新書)を読む 日本の軍隊(岩波書店)
June 17, 2005
韜晦の終わり #2(これを、あれから区別する)
June 12, 2005
韜晦の終わり #1(詩がわれわれに語るもの)
June 11, 2005
Shine on your babies, crazy parents. bs@web: 身辺メモ
June 3, 2005
慈愛
「ありふれたファシズム」(ある映画作家の慈愛と洞察) パンドラ:ソクーロフ・フィルムリスト
May 31, 2005
ソクーロフ
「ソクーロフのオールナイト」という体験 新文芸坐オールナイト
May 29, 2005
学校
「ケルビーム展」へ:
あるいは「見えない学校」の「見える形」を賛美する
ケルビーム
May 28, 2005
新聞
「毎日」北村正任社長の「腰砕けメッセージ」読めます 新聞よ、さらば!(って今さらだけど)
May 25, 2005
自己成就
「弾圧」を実体化させるな!
May 23, 2005
愛と支配
「愛」を強制する奴らの本音